読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[時航研]比奈の諸国漫遊記

ユーラシアで旅に出たい。そんな夢を実現するために練習したりコラム書いたりバッグを作ったり…

グリスアップたーのしー!

すごーい!きみはたびをするフレンズなんだね

 

失礼、旅は良いぞ。

 

って事で今回はグリスアップについてゆるーく話そうかと思う。

 

続きを読む

フロントバッグもあわせてどうぞ

おはよう諸君。

 

旅先での楽しみは温泉に歓楽街、異国情緒を肌で感じるだけではないのではないだろうか。

 

そう。写真である。

 

写真はカメラがないと撮ることができないながら、カメラは衝撃に弱く、自転車などで簡易に輸送しただけでは多くの場合破損したりする可能性が高い。

 

その為、人によってはスマートフォンがあれば充分、なんて人もいるのだが、私は写真を撮るなら一眼レフを常用して、スマートフォンなどというただのカメラ付携帯電話などというものは通信機器として使えば良いのではないかと考える。

 

荷物が重くなる、なんて厳しい事を言わず、カメラを自転車に積んで貰いたいのである。

 

そこで私はフロントバッグやトランクバッグのカメラケース化改造を提案する。

 

フロントバッグを分解し、底や隔壁の中にウレタンやら何やらの緩衝材を詰めるだけである。

 

まあ、個々人でやる手芸の範疇からは少し外れているような気もしなくはないのだが、私としては是非ともこの加工によって旅の荷物の中にカメラを1台入れてあげてほしいのである。

 

技能がない、わかる。

予算がない、わかる。

機材がない、わかる。

 

なればこそ、一番最初に先行投資しても良いガジェットなのではないだろうか。

 

フロントバッグ·サイドバッグ·トランクバッグ…

これらに積める荷物の可能性を無闇に狭めてはならないのではないだろうか。

 

って事でフロントバッグやトランクバッグのカメラケース化改造、カメラケースのフロントバッグ、トランクバッグ化改造も承ります。

金額は応相談ではありますが、物は試しと言いますし挑戦してみませんか?

 

きっと、君が将来出会う自転車の能力は無限大なのである。

 

世の中の猛者の中には自転車の後ろにトレーラーを付けて引き、そこにテントを張って生活する様な奴もいる。

私の様にフロントバッグとパニアバッグだけで旅に出ようとする奴もいる。

君が誠意を持って向き合って選んだ自転車は、君の求めるニーズにきっと答えてくれるのである。

 

 どこかの誰かが言ってた。

汝の信じる事を為せ、

さすれば与えられん。

 

輪行袋の上手な使い方

おはよう諸君。

 

1日中ゴロゴロしてるくらいに暇なら旅に出ようじゃないか。

1日あれば山口まで行けるし、2日あれば帰ってこれる!青春18切符で朝イチで東京を出発すれば昼過ぎには大阪、夕刻には岡山、夜には広島、終電で下関まで行けるんだ!!

ムーンライトながらだったら0時に小田原から乗り込んで、翌朝の5時には大垣に到着するから更に速い!!

アッメイジーン!!エークセレーン!!

 

さあ、君も春休みは青春18切符を買って旅に出よう!!

お近くのJR駅の指定席券売機みどりの窓口で5日分11850円で販売されているぞ!

今すぐ駅に行こう!!

 

って事で今回の更新のテーマは

輪行袋へのチャリの詰め方

ですな。

 

前フリと全く関係ねぇ!!!

あの長話の必要性はどこに!!!

 

まあ、今回のコラムでは輪行を知ってる人はちゃんと復習して、知らない人は覚えて帰ってね、って所だ。

 

私のユーラシアちゃんが今回の被験車(者ではない)なので少し違う部分があるとは思うが、是非とも気軽に試してもらいたい。

(オーストリッチ等の輪行袋に極めて近い組み立て方法です)

 

じゃあ簡単に説明して行きます。

これ見ながらやってみても良いかもです。

ちなみに、ママチャリは輪行できないからね?

 

サイコンとかのパーツ類を全て外す

サイコンじゃなくても時計とかDHバーとかついてるならそれも外す。フロントバッグもドリンクボトルも忘れずに外すように。

 
f:id:seven2326067:20170224231855j:image

前が重たそうな状態だなぁ…

このBiCYCLE CLUBのフロントバッグに輪行袋が入ってます 


f:id:seven2326067:20170224231921j:image

サイクルボトルも中身が溢れるから外そう。

 

上の状態から↓くらいまでは外しましょう。


f:id:seven2326067:20170224231816j:image

スッキリ!!

 

前後輪のブレーキのリリースキーを開放する

外すと車体からホイールが落ちて面倒くさくなるのでまだクイックは外さない事。

 
f:id:seven2326067:20170224231612j:image

これを

 

f:id:seven2326067:20170224231628j:image

こうすると、


f:id:seven2326067:20170224231648j:image

これが


f:id:seven2326067:20170224231714j:image

こうなる。

 

 なんとなく察してくれたと思う。

 

後輪のディレイラーをロー位置にする

次の手順が面倒くさくなくなるのでフロント側もアウターに入れておこう。
f:id:seven2326067:20170224231536j:image

 

後輪を落とす様に外す

シートステーかサドルを持ちながら、ストン、と落とす感じ。下に載せてある逆爪、正爪のエンド形状の場合は手順が異なるので要注意。

ちなみにユーラシアちゃんも逆爪。古いからね


f:id:seven2326067:20170224115527j:image


f:id:seven2326067:20170224231549j:image

私の ユーラシアちゃんは逆爪に特殊な金具が噛ませてあるんだよ

 ちょっとストドロ(ストレートドロップエンド)っぽいよね

 

車体をひっくり返してサドルとハンドルで支える

こんな感じ。
f:id:seven2326067:20170224231453j:image

こうなってたらフロントギアをアウターに入れてリアをローに入れよう。
f:id:seven2326067:20170224231416j:image

 

上手く出来ればこうなるはず。

 

こうやって上からブレーキケーブルの出てるロードバイク(ユーラシアちゃんも!)はあまり長時間この姿勢を取らせない事。
f:id:seven2326067:20170224152947j:image

 

前輪を外す

クイックを開放して外すだけ。後輪よりも簡単。

 

後輪のエンドにエンド金具を噛ませる

 取り扱い説明書にも書いてあると思うけど、シートステーにクイックを沿わせるんだよ。
f:id:seven2326067:20170224232223j:image

 

サドルとエンド金具で自立させる

前後のホイールで両側からサンドイッチにするとさらに置きやすくなるよ。こんな感じだね
f:id:seven2326067:20170224232239j:image

 

ポイント:フロントフォークはリアメカのある方に向けると持ち運ぶときに便利ですよ

 

サドル·チェーンステー·ダウンチューブの三点と前後輪をベルトで結束する

最初は軽めに留めて、三点がある程度固まったらもう少しキツく結び直そう。
f:id:seven2326067:20170224232252j:image

 

BBとヘッド付近で肩紐を結ぶ

フォーク先端に合わせるとちょうど肩にかけやすい長さになりますよ。
f:id:seven2326067:20170224232317j:image

 

輪行袋を準備する

チャックを開いて袋を広げて、ベルトで固定した自転車を底に置こう。

 
f:id:seven2326067:20170224232427j:image

これを


f:id:seven2326067:20170224232440j:image

 くぱぁ

 

輪行袋のチャックを閉める

肩紐がチャックから出るようにちゃんと引っ張り出しながらチャックを閉めよう。
f:id:seven2326067:20170224232459j:image

 

⑭完成

上手く出来ていればコレで持ち運べるようになったのだけれど、持ち上げた時にガチャガチャする様なら固定を見直そう。

 

・エンド金具がズレる

  →クイックの締めが甘い

 

・ホイールが動く

  →ベルトの締めが緩い·締めた位置が悪い

 

こんな感じで輪行袋へ詰める工程は終わりである。

慣れてきてこれが速くなれば10分ほどで輪行の準備が行えるようになるので、是非とも普段から練習しておいても良いのではないかと思う。

 

 ○宮切嗣「2秒か、衰えたな…」

 

そんなあなたの輪行練習のために専用の輪行袋を1枚どうです?今ならなんと6000円!!固有時結界で戦いに臨む貴方も、たかが催眠暗示も使えない貴方も、逗留したホテルが爆破されそうな貴方も、愉悦を知らない貴方もぜひ私の輪行袋でお気に入りの自転車を持ち出そう!!(とんでもないダイレクトマーケティング)

 

落ち着いたので最後に一言。

ちなみに、途中に載せてたユーラシアちゃんのブレーキワイヤーの取り回し、めっちゃ間違ってるんだわ…変だと思ったよね…。

正解はこうなるんだよね。

 
f:id:seven2326067:20170224231907j:image

 正しくはリアは右ブレーキレバー、フロントが左なのよな。

 

ほな、また…。

輪行袋はいかがですか

おはよう諸君。

 

上手に旅の計画は立てられたかな?

 

うまく立てられないなら「どこに行く」のではなく「どうやって行く」のかを見直すべきかも知れないぞ。

 

で、今回の話は輪行袋の宣伝」なのだ。

 

 私はお裁縫が得意なのだ。

そこまで上手い、ってほどでは無いが作るのは好きだ。

 

最近は鞄やら輪行袋やらを作ってはニコニコしている生活になっている。

 

(↓鞄やら輪行袋やら)
f:id:seven2326067:20170223204052j:image

 

で、輪行袋は比較的旅行において便利なグッズである。

はっきり言えばベルト3本と肩紐、布のデカい袋があれば輪行袋と言い張れるのである。(まあ、他にも耐久値とか色々あるんだけど)

 

で、大抵の人は輪行袋を持っていない。

 

だが、私は自転車乗りならば1人1枚くらいは輪行袋を持ってても良いのではないか、と考えている。

 

しかし、市販の輪行袋はダサい(TI○GAさん○STRICHさんM○nt-bellさんごめんなさい)

言い方がアレだが、水色だの灰色だのとゴミ袋一歩手前のようなカラーリングで果たして女の子が輪行したいと思うのか、と言う話なのである。

 

私はマリメッコ柄でも友禅柄でも風神雷神図の輪行袋でも好きな柄を使うのが一番良いと思うのである(金額とかは要相談だけど)


f:id:seven2326067:20170223204902j:image

(マリメッコ)


f:id:seven2326067:20170223205015j:image

(友禅)

 
f:id:seven2326067:20170223205158j:image

(風神雷神図)

 

で、今回のお話の最重要ポイントはここからです。

 

6000円で貴方のご希望通りの柄の輪行袋を制作します。

 

まあ、布の強度とかそういうのはあるから要注意ではあるんだけど、好きな柄を指定してくれればある程度は要望を聞けるよ〜って話なのです。

 

ちょっと布代とかが高くなるかもだけど、やろうとすればアルカンシェルのような柄とかも作る事ができますよ。

 

基本的にはナイロンで作るのでそこまで大胆な柄は使えないのだけれど、色とかは自由に指定してくれて構わないのです。

 

大きさは大体1200×900(輪行時)くらいの予定です。

 

ロードバイク用の輪行袋、お宅も1枚どうですか?市販よりは少し高い6000円ですが、希望者には肩紐にお名前の刺繍を入れたりする事も可能です。

 

興味があるようなら是非メールなりここのコメントなりにメッセージを頂けるとありがたいです。

金額やら仕様やらの詳しいお話をしますので。

 

上記した写真の中に入れてあるユーラシアちゃんはフレームサイズがホリゾンタルで530なので、そこそこデカいロードバイクでも入れる事が出来ますよ。

まあ、エンド金具だけはご自分で用意してください。

 

多分近くの自転車屋さんで安く買えると思います。

 

連絡はseven2326067@gmail.comまでどうぞ。

 

マイヨブランアポアルージュ(白地に赤の水玉模様)とかでクライマーに喧嘩売りたいって人も是非連絡ください。御希望なら巨大な刺繍で「打倒キンタナ」くらいは縫いこむので。

ホイールの剛性の高め方

おはよう諸君。

 

北米神話大戦プルプルリバースはそこそこ進んだぜ。結局のところ、北米はメイヴさんが悪者なのかい?まあいいや。目標としては石を使わないようにしながらストーリーを進めるだけですな。

そして、人理焼却を止めるべく働くカルデア職員の諸君、みんな自転車に乗ろう。発動機は圧政だからね。

 

で、今日のコラムだぜ。

突然なんだが、自転車のホイールはいくつかの種類に分かれているって知ってるかい?

 

クリンチャー・チューブラーみたいなリム形状の違い

ディープ・セミディープ・ロープロファイル・ディスクのようなリムハイト(高さ)による違い

はたまたスポーク自体の素材の違いなどなど、さまざまな分類方法があるのだ。

 

 

まあ、普通のママチャリについてるこんなホイールとか
f:id:seven2326067:20170221093755j:image

 

ユーラシアちゃんのこんなホイールは

ロープロファイルに分類されてて、
f:id:seven2326067:20170221093836j:image

 

みんな大好きサガンさんとかのようなプロ仕様ともなると大体リムハイトの高いこんなホイールをつかってるよね。
f:id:seven2326067:20170221094136j:image

まあ、どんなホイールを使うか、ってのはほとんどの場合走る環境によって決まっちゃうんだけども、大体の人は毎回走る環境を考えてホイールを交換するなんて手間は取りたくないと思うので、高くてもリムハイトが40mmくらいまでのホイールにしてるんじゃないかな?って感じだよね。

まあ、誰がどんなホイールを使おうとそれは趣味とかって話になるんだけど、私としては最低でもWH-R500(シマノで一番安いホイール)とかKHAMSIN(CAMPAGNOLOで一番安いホイール)くらいのホイールを装備してくれるといいと思うんだ。

 

まあ、もう少し上のグレードとか他のメーカーのホイールにしても良いとは思うんだけど、まずは金属の地肌が出てるような安いホイールの方が安心してコケられるよね。(後は高いホイール着けた高いフレームのロードバイクを暴走老人に轢き殺されたあたしみたいな経験はもう出したくないし)

 

で、妥協してもらった所で残念なお知らせなのだが、そういうホイールは大体上のグレードに比べると剛性(硬さ)は低いし、スポークのテンションも甘かったりと色々難点があるのである。

 

そんな君たちに今回のコラムはどんな廉価ホイールでも剛性がグググッと高くなる

ソルダリング
f:id:seven2326067:20170221100111j:image

ってのを少し紹介してみようかと思う。

 

ソルダリングってのはホイールの交点部分を細い針金で結んだ後、半田ごてでロウ付けする技法である。

 

注意点なのだが、大体のホイールは金属製のため、ハンダが流れるため、固定出来るのだが、高級なエアロスポークやらカーボンスポークでは使えないのでご留意の程を。

 

材料は以下の通りだ。

・ホイール

・半田ごて

・銅線用ハンダ(ヤニは入ってても入ってなくても可)

・細い金属製の針金(手芸屋さんで売ってるハダカ線って奴)

・フラックス

・新聞紙

・中性洗剤

・ブラシ(硬いのと柔らかいのと二種あった方が便利)

床にフラックス(強酸性の液体)を垂らしても別に大丈夫な家なら新聞紙は不要だが、念のために敷いておいて損はないと思う。

(私はこぼして自宅の床のワックスが溶けた)

 

①ホイールを洗おう。

ハブに水が入らない様に注意しながら中性洗剤でゴシゴシ洗ってスポークについたホコリとか汗とか何やらをきれいに落とそう。

 

②ワイヤーを10センチくらいに切ろう。

あまり長いともったいないけど、短すぎると失敗しやすい。で、半分に曲げて準備完了だ。

 

③ワイヤーを裏側から巻きつけよう。

色々な巻き方があるけど、私は2重にしたのを並行に巻いて後ろで捻り止める方法をえらんだ。

独特な巻き方をしてる人もいるのでここに関しては色々な巻き方を試してもいいと思う。

 

④ワイヤーを巻いたスポークの交点にフラックスを垂らそう。

一気にシュワシュワすると思うのでここからは早めに作業していこう。

 

⑤半田ごてで交点を温めてハンダを流そう。

多分数センチくらい使うとは思う。上記の画像くらいの感じで流れ込むと思う。

 

⑥これで一応完成ではあるのだが、念のためホイールを再度洗おう。

酸性の液体を使っているため非常に腐食しやすくなっているのである。

 

こんな感じでソルダリングは完成である。乗ってみた感覚としては加速、コーナリング性能ともにかなり上がったように思う。。

インプレなんて生意気な事は言えないので差し控えるが、R500からWH-6800(アルテグラ)くらいまで性能が上がった気がする。(気がする)

 

お店に頼むと数日くらいでやってくれるところもあるので自分でやるのが面倒くさければお店に頼んでも良いと思う。

 

私もお金さえもらえるならやろうと考えてるので興味があれば是非。(送料別1本2000円)

 

まあ、高級ホイールのギッフェルストームなんかはスポーク結線してたり、プロのトラックレーサーたちもスポークまでハンダを流すソルダリングを行っているため、多分効果はあるんだろうな、と思う。

 

今回はソルダリングとかホイールの話について、でした。

 

ほな、また…

荷物の詰め方運び方

やあ。旅に行くときはどんな荷物で出かけるんだい?

 

こう質問された際にスーツケースと答えたキミは今回の話をしっかりと聞いてほしい。

 

荷物を運ぶ際にはリュックだったり、スーツケースだったりといった手段を用いるのは周知の事実である。

だが、スーツケースでは舗装路以外には対応できないし、リュックサックでは背中が蒸れる。

 

私はそんな悩みに自転車を使った旅と


f:id:seven2326067:20170213155711j:image

「パニアバッグ」や(

サイクリングタイムより転載http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=19099

)


f:id:seven2326067:20170213155939j:image

バイクトレーラー」の併用を推したいと思う。

(画像はhttp://ameblo.jp/ichi-gou-3さんより転載)

 

自転車での旅をするのであれば、これらの運搬手段は最強である、と言っても差し支えはない。オマケにパニアバッグであれば輪行時に取り外して持ち歩く事もできるし、背中が蒸れることも重心が不安定になる事も少ない。

トレーラーも輪行こそ難しいもののスーツケース並の収容力を自転車の速度で運べるのである。(まあ、走れる場所に制限があったりはするのだが)

 

私は日常生活でパニアバッグを使用している。

以前、近所の自転車店で型紙を取らせてもらった古いパニアバッグを自分で仕立て、

 


f:id:seven2326067:20170213160257j:image

↑TOPEAKのRXトランク(前使ってた奴)からパーツを取り外して再利用したものを使っている。

 

まあ、そこまで良い素材を使っている訳ではないために使いづらい部分が多々あるのだが、後々直していけば使えるようになると思っている。

ママチャリの荷台であっても多少工夫をすれば積めるパニアバッグは上手く固定さえすればかなり使いやすくもなるし、それ以外にも推せる部分が数多ほどある。

 

トレーラーも推せる部分が多々ある。

トレーラーとはロードバイクなどの自転車の後部にアタッチメントを取り付けて、荷物を積載するために↓のようなリヤカーを付けたものの事である。
f:id:seven2326067:20170213160758j:image

(「ファーマー佐藤の雑記帳」より転載http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/167284/148249/73562055 )

 

まあ、主流はパニアバッグやサイドバッグなのだが、趣味人の中にはこういった物を自作したりする人もいたりして、そこにテントを始めとした大量の荷物を積載して日本一周に向けて旅立つことがあるのだ。

 

話は戻るが、私は旅行をするならスーツケースをやめて、リュックかパニアバッグを手に入れる事を熱烈に推したい。

 

 

比奈の首都圏アンダーグラウンド探訪②

やあ、旅先で野宿をするならトイレの近くを探したほうが良いぞ。

 

迂闊ながらうっかりトイレが遠かったばかりに酷い目にあった比奈である。

 

前回に引き続きアンダーグラウンド探訪をしようかと考えている。

 

今日紹介するのは横浜石川町の北側に位置するドヤ街「寿町」である。

 

寿町は元々港湾労働者が多く集まっていたエリアで、格安で泊まれる宿が多いのである。

 

近年では外国人旅行者やら貧乏旅行の学生やらが泊まりに来るために治安もマシにはなったのだが、前回の記事を読んだカンのいい読者はお察しの通りなのである。

 

ここには路肩はゲロとゴミまみれ、真昼から道端でタバコをせびってビールを開けたり焼酎を啜ったりしてるような連中がたむろしているエリアなのである。

 

 まあ、中華街からは離れた位置にあるために住み分けは行われているのだが、場合によっては横浜スタジアムの軒下に住んでいたり、なんて芳ばしさが漂っちゃったりする事もある。

 

そして、この寿町で私が勧めたいドヤ飯は寿町福祉労働会館付近にあるにのみや食堂の「カレーライス」である。

 

一発目からカレーかよ

 

なんて言わないでほしい。

 

ここはある意味人生において経験できぬ経験をすることの出来る食堂なのである。

 

位置的には横浜の寿町福祉労働会館のすぐ裏。最近は治安も悪くないのだが、女性が入るのはオススメ出来ないし、多額の金銭を持っての入店や、高級品やカメラを持ったままの入店もオススメ出来ない。

 

身なりはヨボヨボ、視線も合ってない、手も震えてる…そんな末期高齢労働者が集うのがこのにのみや食堂なのである。

 

店頭には様々なメニューが並ぶガラスのショーケースがあり、納豆定食(600円)、まぐろのブツ切り定食(750円)など魅力あふれるあるのだが、私としてはその中でもカレーライスを推したい。

 

美味しいお米コシヒカリ(どこ産とは言ってない)を使用したカレーライスは肉も野菜も少ないながら、中々イケる味なのであった。

 

店内には無数のメニューが貼られており、朝から夜まで定食を頼む事ができる、とのことだった。また、定食には食堂手作りのお惣菜やら味噌汁やらがつくため、もし余裕があるならそちらにも挑戦してもらいたい。

 

だが、注意してもらいたい。

ここはドヤ街である。

つまり、身なりのキレイな奴は浮くのである。

ここでの身なりのキレイな、と言うのはアイロンがかかったスーツと言う事ではなく、昨日洗濯した服の事を指す。

 

もし、それでも行きたいのであれば出来る限りヨレヨレの服を探し、前日汗だくになったTシャツに布団の中で一緒に寝たワイシャツを羽織り、高校時代の体育館履きを履いていかねばならぬ。

 

兎にも角にも、襟の立ったワイシャツにヴィトンのポーチバッグを持って行く、なんてのは勿論、お気に入りの金時計なんてのも論外なのである。

 

ここに行くなら百均の腕時計の盤面を割って行くくらいのレベルで充分なのだ。

 

今回は比較的マイルドであったが次回のアンダーグラウンド探訪ではもう少し深くに入ってみたいと思う。


f:id:seven2326067:20170212221221j:image

こんなとこには行くつもりはないが。