読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[時航研]比奈の諸国漫遊記

ユーラシアで旅に出たい。そんな夢を実現するために練習したりコラム書いたりバッグを作ったり…

一度全てを捨てて旅に行こう。

ユーラシア ロードバイク 旅行 自転車 日記



不合格。

ふ ごうかく -がふかく [2] 【不合格】
試験や検定などに合格しないこと。落第。 ↔ 合格 「検定に-となる」(大辞林より)

 

留年の上休学までした大学。

試験の結果は不合格だった。

 

親との約束は「ダメなら学校を辞めて就職を考える」

 

今がその潮時なのかもしれない。

 

思えば、入った時から何かが違った。

理想と違う勤務実態、夢を追う学生達との熱意の差。

私が燃えたのは報酬の話だけだった。

 

私は結局、大学の中ではなく、外へと逃げ出して「写真」と「旅」に自分の居場所を探し続けていた。

 

あまりショックはない。

友人達の卒業式は見てない。

就職先どころか連絡先すら知らねぇ。

 

気付いたのは「二年の夏」だった。

二年時までの単位をかなりの数落として、

夏休みは再試だけに消えた。

夏休みの後は講義に出る日数が減った。

サークル仲間と遊ぶために毎日旅先を考えた。

 

f:id:seven2326067:20170208140652j:image

 北海道にも行った。

ヒッチハイクで鹿児島も行った。

青春18きっぷで東京から行ける最遠の地を目指した。

 

三年になってからは再び講義には出るようになったが、後輩しかいなくなった学校に居場所は少なくなっていった。

ヤケクソでサークル活動をし続けた。

高尾山に行った帰り、電車の中で告白して彼女も作った。

鎌倉にある彼女の別荘でフ○ラしてもらった。だけど、そのまま連絡が少なくなっていった。

 

 

 

大学が勉強をする場所じゃなくなっていった。

 

書いた論文はコミケで売った。

望遠レンズの使い方の横に置いた1冊500円の論文は10冊刷って2冊しか売れなかった。

 

その内にアダルト企業の営業と知り合った。

顔を出してたゼミの教授は「そのうち話してみたい」なんて言ってたけど、多分建前だけだ。

 

俺はネットと旅先にだけ生き続けた。

 

そして三年の終わりに休学を決めた。

 

休学直後は写真屋に勤めた。

不定期な収入だったが意外と儲けが良かった。

 

店主がボケてなければ。

 

派遣労働に手を出した。

海老名にあったプリンターの研究者で派遣歴30年の夫婦に嫌味を言われながら3ヶ月働いた。

 

契約ではすぐに首切られた。

一人だけ未だに付き合ってる野郎がいるくらいしか思い出はない。

 

夏はプールの監視員になった。

小学生がバチャバチャやってるのを眺めるだけのバイトだった。

給料はかなり良かったし、何よりも同僚の女の子の水着姿が最高だった。

ラッシュガードの下って何も着ない奴がいるんだね。

 

秋からは駅の写真屋のバイトをした。

 

中学の時の知り合いが働いていたが、写真屋と言うよりはカメラを持ってる雑貨店だった。

 

思ってた仕事とは違った。

 

正月が近くなって、数週間の深夜派遣をやってみた。

 

毎日15時に起きて隣町の山奥まで自転車で通った。

時給は良い。日程も年末まで。

朝5時に家に帰って昼まで寝て、夕方から働き始める。

生活リズムの崩れた私にはとてもあっていた。

 

だけど、仕事先から帰ってきて、

 

寝て起きたらチャリがなかった。

 
f:id:seven2326067:20170208135539j:image
遺影(イエイ)!!

 

使ってたロードバイクを盗まれた。

 

パーツを取り替えていい感じになってきた所だった。

年明けには旅行に行くつもりだった。

 

その日は自暴自棄になってバイトを休んだ。

 

警察に行ったが未だに見つかってない。

今頃北○鮮で電話みたいな髪型をしたハゲが乗り回してるに違いない。

 

春は何もしなかった。

ホントに何もしていなかった。

あえて言うならサークルメンバーと飯を食いに行ったくらいだった。

 

そして復学。

全員後輩になっていた。

 

同期は前年度末に卒業していた。

 

唯一の楽しみは休学前に知り合った父のデカい先輩とのラインだった。

(近々他の男と同棲するらしいけどね)

 

俺は、貯めた金でコイツを買った。
f:id:seven2326067:20170208135310j:image

 

蒲田で見つけた古い型だが、前のチャリと同じ形で乗りやすかった。ほぼ即決で14000円だった。

 

 今もこれに乗っている。

 

旅に行きまくった。

 

横浜から平塚まで自転車で往復したり、横須賀に行ったり三国峠を超えたりした。

 

もはや学生としての本分など、脳裏にはなかった。

親の学費をドブに捨てるゴミクズ以下の行動だった。

 

高卒として就職して働きたくない。

ただそれだけのプライドが邪魔をし続けていた。

 

だが、新しく知った事もあった。

 

私が生きている世界は思ったより広かった。


f:id:seven2326067:20170208140810j:image

 

国内だけでも日本一周だとか四国八十八箇所(お遍路さん)だとかに出かける愛すべきバカ共がいっぱいいた。

 

私もあんなバカになりたい。

 

私もあんな旅をしてみたい。

 

私も一緒にこの感動を見に行きたい。

 

この気持ちから旅が、いや、日本一周の旅が始まるのかもしれない。

 

老子の言葉にもある。

本当の旅人とは、決まった計画など持たず、どこかに辿り着こうとも考えないものだ。

 

まずは親に全力で謝るところから始めよう。

私の旅はきっと謝ることに終始するに違いない。

旅に出たい

ランドナー ロードバイク 旅行 日記 自転車 ユーラシア バッグ

私は旅人を自覚している。

 

落ち着きはなく学業も不振。

浮気性で過剰な好奇心。

日がな一日夢を見て生きる。

きっとそのつま先は常に旅先を向いている。

 

くさいポエム書くくらいには旅に飢えている。

現在は日本一周旅行の計画を着実に進めている最中である。

ただ、私にはコネもない。金もない。

自転車と気力だけがある。

スポンサーってどうやったら付いてきてくれるんだろうか…?

 

必要なのは

 

キャリア

サイコン
ライト
テント
寝袋

コッヘル

コンロ

着替え

サイドパニアバッグ

…旅が始まるのはまだまだ先になるんだろうな。

 

まずは自転車に乗って毎月旅に出よう。

実績がなければ、付いてくれるスポンサーだって付いてくれないに違いない。

 

ユーラシアにも、まだまだお世話になるんだろう。

川崎で遊ぶ

ユーラシア ロードバイク ランドナー 旅行 日記 自転車 輪行 輪行袋 ポタリング

おはよう読者諸君。

どんな旅行を計画しているかな?

私は先日蒲田駅から川崎·大黒ポタリングをしてきたぞ。

 

大雑把な経路としては

蒲田駅から線路沿いに多摩川へ。

多摩川の河川敷をひたすら河口側へと走って橋を超え、川崎大師へ寄ったあと16号沿いに子安へ行き、大黒ふ頭方面へ激走。

こんな感じだったな。

 
f:id:seven2326067:20170207085053j:image

 

 蒲田駅から南下した俺は久々の仲六郷公園でボンヤリしたあと、

 多摩川の河川敷をひたすら河口へ走り、

f:id:seven2326067:20170207085222j:image

 
変態の橋。
f:id:seven2326067:20170207085817j:image


を超えて川崎市内へ。
f:id:seven2326067:20170207085340j:image

 

川崎大師に寄って
f:id:seven2326067:20170207085459j:image

 

小笠原さんの飴屋さん(わかる人にしかわからんネタ)できなこ飴を補給し、
f:id:seven2326067:20170207085550j:image

 その足で大黒ふ頭へ。

(道中は狭すぎて写真撮るの怖かった)
f:id:seven2326067:20170207085945j:image



横浜の市街地は対岸。

f:id:seven2326067:20170207090039j:image

 

ベイブリッジでけー!
f:id:seven2326067:20170207090941j:image

 

位置的にはこんな感じだな。


f:id:seven2326067:20170207090823j:image

 

で、歩いてたらこんなの見つけた。


f:id:seven2326067:20170207090916j:image

(エイの死骸だな)

 

チャリを飛ばして工業地帯を走って
f:id:seven2326067:20170207091025j:image

 

走って
f:id:seven2326067:20170207091050j:image

 

走って
f:id:seven2326067:20170207091108j:image

 

横浜の市街地へ到着。
f:id:seven2326067:20170207091131j:image

 

疲れた…
f:id:seven2326067:20170207091150j:image

 

で、横浜駅前で撤収作業。

(お茶はネカフェで補給しました)
f:id:seven2326067:20170207091219j:image

 

帰宅しよう。足が疲れたよ。

 

ってな感じで蒲田川崎横浜ポタリング、終わり。

ほな、また…

 

若きルーラーの悩み

ロードバイク 日記 コラム ロードレース 自転車 ユーラシア ルール

おはよう読者諸君。

 

突然だが、

ペテル=サガン

という名に聞き覚えはあるかな? 

 


f:id:seven2326067:20170131110205j:image

このウルヴァリンおじさn…

スロバキアロードレーサーなんだが、

あのツール・ド・フランスで5年連続区間賞を取るようなスプリンター兼パンチャーなんだ。

世界選手権エリート男子(ドーハ戦)でのゴール前300メートルスプリントはもはや伝説になるんじゃなかろうか、と言うくらいに熱くなった。

 

世界中の自転車乗り達が憧れるあの舞台、ツール・ド・フランスブエルタ・ア・エスパーニャジロ・デ・イタリア…。

そんなロードレースの世界を少しでも知ってもらいたいので、今日はロードレースでの役割やらルールを軽く知ってもらいたいと思うのである。

 

まずはロードレースで使われる自転車、

ロードバイクについて知ってもらおうと思う。

 

ロードバイクについて

自転車は等しい直径の2つの車輪を持つ乗り物である。前輪は操縦できること。後輪はペダルおよびチェーンで構成する系によって駆動できること。(UCI規則1.3.006)

 

タイムトライアル以外のロード競技およびサイクロクロス競技の自転車のフレームは、伝統的な形式すなわち主三角(前三角)の回りに組んだ形式のこと。(UCI規則1.3.020)

 

つまり、こんな形だったり、
f:id:seven2326067:20170131094341j:image

こんな形でなくてはならないのである。
f:id:seven2326067:20170131094511j:image

 

 

 他にも6.8kg以下の車体は使えなかったり、やたらとキツい前傾姿勢は禁止だったりもする。

 

 ロードレースのルール

大陸サーキットは,各大陸の大陸競技日程のすべての男子エリート(ME)とU23(MU)ロード・レースにより構成される.これらサーキットはそれぞれアフリカ・ツアー,アメリカ・ツアー,アジア・ツアー,ヨーロッパ・ツアーおよびオセアニア・ツアーとして知られている。(UCI規則2.1.002)

 

つまり、若者とオッサンは別の大会で、五大陸全ての地域で走らなきゃ駄目だよ、って事だな。

 

当該国のUCIコンチネンタル・チーム,地域およびクラブ・チーム,ナショナル・チームおよび混成チームのみが国内競技大会に参加できる。

ナショナル・チームのみが,UCIワールドチームあるいはUCIプロフェッショナル・コンチネンタル・チームの競技者を含めることができる。(UCI規則2.1.009)

 

つまり、誰でもレースに出れる訳じゃなくて、プロチームに入らないと国際レースには参加できないって事だ。

貧脚の我々はまず、プロチームを目指さなければならないという訳である。

 

ロードレースの流れ

主なロードレースは数人一組で構成したチームでスタートし、チェックポイントの通過タイムや最終的な総合タイムを競う競技である。

 

で、ロードレースは主に

山岳賞、スプリント賞、ポイント賞、新人賞、敢闘賞を競うステージレースと

1日のレースの中で一番早かった奴を決めるワンデイレースの二種類に大別される。

 

三大グランツール(ブエルタ・ア・エスパーニャジロ・デ・イタリアツール・ド・フランス)はステージレースで、世界選手権やオリンピックなどはワンデイレースとなる。

 

ステージレースだと、前日に賞を貰うとジャージの色が変わる。

 

ツール・ド・フランスであれば

以下のジャージを着ることになる。

 

【個人総合時間賞】

マイヨジョーヌ
f:id:seven2326067:20170131101248j:image

【ポイント賞】

マイヨヴェール
f:id:seven2326067:20170131101353j:image

【山岳賞】

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ
f:id:seven2326067:20170131101502j:image

 

このような色のジャージを競って走るのが主なロードレースなのである。

 

【1日の流れ】

出走サイン

スタート

パレードラン

本格的なスタート

プロトン(集団の形成)

逃げ(集団の破壊)

アタック

アシスト&スプリント

ゴール

 

となる。

中でも、逃げとスプリントにはプロ独特な理由があったりもする。

 

1、集団の破壊
2、目立ちたい(ママ見てダッシュ)
3、賭け(逃げ切って総合時間賞狙い)
4、ポイントが欲しい
5、先行集団に自チームの選手を送り込む

 

1·3·4·5は何となく分かってもらえるかと思うが、2だけはプロでしか起きない。

 

なぜなら、

プロだからである。

お給料だのスポンサーだのが絡むプロレースでは目立ってナンボなのである。

 

あけすけに言えば、

逃げるとカメラで大写しにされる。

選手名やスポンサーロゴが映る。

実況が企業名と名前とチャリの名前を連呼する。

ただそれだけの理由なのである。

 

【チーム内での主な役割】

ロードレースのチーム内では得意なステージによって異なる役職名がつけられる。

 

TTスペシャリスト

ルーラー

スプリンター

クライマー

オールラウンダーである。

 

Fateのクラス名みたいなモンだと思ってもらえれば良い。

 

【TTスペシャリスト】

速い。とにかく速い。

平坦なところでの巡航速度がぶっちぎりで速い。

トニーマルティンさんはTTが得意。


f:id:seven2326067:20170131105132j:image

(SPECIALIZEDのTTバイクで走るマルティンさん)

弱虫ペダル時空にTTはいない。

 

【ルーラー】

TTスペシャリストと同じ様に速いのだが、

TTレースだけでなく総合時間賞も狙いに来たりする。

ファビアーノ·カンチェラーラさんとか新城幸也さんはルーラー。
f:id:seven2326067:20170131105219j:image

(現役時代のカンチェラーラさん)
f:id:seven2326067:20170131105323j:image

(日本の誇るイケメンレーサー新城幸也さん)

弱虫ペダルで言えば小野田坂道。

 

ちなみに俺もルーラーが得意。

 

【スプリンター】

短距離決戦向きの足の持ち主。

ムキムキマッチョで大柄な人が多め。

筋肉好きはここに注目。

キャベンディッシュさんとかがスプリンター。
f:id:seven2326067:20170131105426j:image

(ゴール前でスプリントするキャベンディッシュさん)

弱虫ペダルなら新開とか鳴子。

 

(ホントに筋肉量がモノを言う世界だからちっちゃい奴には向いてないんだけどね…?)

 

【クライマー】

山登りなら俺に任せろ!

小柄だったり細身だったり。

斜度20%を平気な顔してガンガン登っていくような化物たちがクライマー。

リアル世界ならキンタナさん。
f:id:seven2326067:20170131105617j:image

(ゴールしてガッツポーズしてるキンタナさん)

弱虫ペダルなら真波とか巻島先輩。

 

【オールラウンダー】

全部でそこそこ走れる。

山だったらクライマーよりは遅いけどスプリンターより速い、みたいな感じ。

実はこう言う連中が一番怖い。

新開の「バキュン」の元ネタ、コンタドールさんはオールラウンダー。

f:id:seven2326067:20170131105731j:image
(バキュンしてるコンタドールさん)

弱虫ペダルなら御堂筋、金城先輩、今泉などなど。

 

 長くなっちゃったけど、観戦を楽しむか、参加して楽しむかは人それぞれだけど、これだけは言える。

 

自転車は良いぞ。

 

ほな、また…

激走、大島上陸編(大島旅行2日目)

バッグ ユーラシア ランドナー ロードバイク 旅行 日記 輪行 自転車 輪行袋

さるびあ丸に乗り、横浜沖に来る前にとっとと2等船室へと帰った俺はそのままぐっすりと眠りに就いたハズだった。

 

午前4時。

揺れる…マジで寝れない…

 

船の位置は既に大島沖。

 

午前6時に着岸するさるびあ丸は

大島沖でしばらく停泊するのである。

 

波は約2メートル。

船室にいる分には揺れるだけだが、デッキの案内所近くから外を眺めると、メチャクチャ揺れてるのね。

 

無事、寝れなくなった俺は荷物をいそいそとまとめ、船内の案内所前の椅子で仮眠する事にしたのだった。

 

気付いたらこうなってた。
f:id:seven2326067:20170130215145j:image

 

もう大島に着くのね。

到着港は岡田港。

おかだじゃないんだって。おかた、だそう。

 

 真っ暗じゃん…まだ眠いよ…寒いよ…
f:id:seven2326067:20170130215358j:image

ユーラシアちゃんを無事に回収し、日の出直前になったら出発でござる。

 


と、その前にご飯…お腹空いた…

岡田港から移動し、もう一つの客船停泊港の

元町港に移動。7時前からやってる飯屋なんて…

 

あるのね。唐揚げとおにぎりで200円。
f:id:seven2326067:20170130215608j:image

 

お茶がタダでござる!!

店内にはもう一組いたけど、あの人たちも船に乗ってきたのかな?

 

とか言う間にもうすぐ7時過ぎ…

もうそろそろ行かなければ…‼


f:id:seven2326067:20170130223505j:image

 

って事で元町港からの

伊豆大島、激走の2日目がスタート。
f:id:seven2326067:20170130215515j:image

 

まずはとにかく南へ走ろう。

地図を片手にユーラシアちゃんのペダルをグルグルするのだが、

 

伊豆大島って坂が多いのね…

 

登り坂、下り坂、登り坂の連続。
f:id:seven2326067:20170130220240j:image

 

朝9時にして獲得標高が既に1000メートル超えましたね!?

 

頭おかしい…

 

ヤケクソで「日本一周こころ旅」のテーマを口ずさみながら走りまくる俺!!!

 

坂!!
f:id:seven2326067:20170130220451j:image

 

また坂!?


f:id:seven2326067:20170130220529j:image

 

火山博物館はまだやってねぇし!!

また後で来てやる!!
f:id:seven2326067:20170130220601j:image

 

午前10時半。貧脚の俺、南側にある波浮の港にとうちゃこ。
f:id:seven2326067:20170130220722j:image

 

波浮の港…そんな曲があったような…?とか思いながらユーラシアちゃんを押して歩いてたら、ネットで話題になってたコロッケ屋さん発見!!

 

コロッケ一個65円!? 

ぼくのなつやすみ価格じゃん!!
f:id:seven2326067:20170130220925j:image

 

って事でアツアツのコロッケをモグモグしながら港周辺をブラブラしてみるためにプチ聞き込み。

 

どうやらこの港、伊豆の踊り子のロケ地になってるらしい上に博物館なんてのもあるらししい。

もう一つ串カツを食べたら出かけようかな。
f:id:seven2326067:20170130221127j:image

 

で、伊豆の踊り子の宿の中に入って見る事に。

 

なんだか、祖父の実家を彷彿とさせるような…

 

オマケになんだか展示内容がボンヤリだぜ…

 

わかったようなわからんかったような…で2階へ。

 

ボタンを押せば踊り子が踊る…?

 

ポチッとな!!
f:id:seven2326067:20170130221502j:image

 

怖い!!!

超怖い!!!

ヒエーーーッ!!!

 

無事にビビりまくって逃げ出しました。

 

そのビビったテンションのまま元町港方面に向かう事に。

 

火山博物館が開く時間だし。

 

どうやら、大島には奇妙な地形が多いとか…

 

縞々やんけ!!
f:id:seven2326067:20170130221654j:image

 

溶岩導流堤…そうか、ここは火山の島なんだよな…。
f:id:seven2326067:20170130221752j:image

 

そんな感慨を覚えながら行った火山博物館…

 

アレ?

見て回っちゃった気がする内容な気がする…?

 

仕方ない…世界各国の溶岩が見れただけでも…‼

 

火山博物館から出た後、再び走り出して元町港近くへ。

 

時刻は午後1時前。

お腹空いた…そろそろ何か食べたい…
土産屋で焼酎と手拭いを買ったついでに売店で「お姉さん、この近辺に美味しいごはん屋さんあります?」

 

チャラさ全開ですな。

 

そして教えてもらった居酒屋へ。

 

大島まで来たのだから名物の鼈甲寿司を食わねば。

 

「おねーさん、鼈甲寿司1つください!!」

 

伊勢海老の味噌汁までついてる!!!
f:id:seven2326067:20170130222508j:image

これで1000円!?!?!?!?!?

 

美味しくいただきました。

鼈甲寿司のレシピも教えてもらったので家で作るぞー!!

 
岡田港に向かって再び走り、

ユーラシアちゃんを再び輪行袋へ。

 

脚がヘロヘロだぜ…

お土産屋さんで買っちゃったぜ。
f:id:seven2326067:20170130222831j:image

お土産屋さんで飲んじゃったぜ。
f:id:seven2326067:20170130223022j:image

 

ジェット船に乗ったら大島ともお別れかー
f:id:seven2326067:20170130222912j:image

 

本州に帰るか…
f:id:seven2326067:20170130222957j:image

 

熱海だな。

 

って思ってお土産屋さんでくさやを撮った瞬間、カメラの電池が…
f:id:seven2326067:20170130223157j:image

 

秘宝館へは寄らず、そのまま東海道線へ。

 

 

余談だが、始発の電車で椅子に座った瞬間意識がブラックアウト、気付いたら熱海から品川までワープしてたのだった。

逃走、本州離脱編(大島旅行1日目)

旅行 日記 自転車 輪行 ユーラシア 輪行袋 ロードバイク ランドナー

突然ですが、大島に行って参りました。
f:id:seven2326067:20170130004636j:image

 

 

とは言うものの、1月4日にですが。

 

年明け、まだ仕事始めもしてない中で自称「突発性旅行症候群」の発作によって、急に旅に出たくなり、大島まで行ってきました。

 


f:id:seven2326067:20170130000922j:image

 

最寄りの駅から輪行セットに詰めたユーラシアを手に電車に飛び乗り、竹芝へ。

 


f:id:seven2326067:20170130001506j:image

で、時刻は午後四時。

f:id:seven2326067:20170130001021j:image

輪行袋に詰めたユーラシアちゃんをベンチに置いて、一服してたら、島民のオジさんに「チケット買っちゃった?」と言われて「ええ、まあ…。」なんて返事をしたら

 

「島民割引だと35%引なんだぜ」

 

学割で買った後でそれはナシだぜ…
f:id:seven2326067:20170130001348j:image

と言う事で3300円。旅に出る前から心折れますね。

 

で、さるびあ丸を竹芝で待つ訳なんですが、

出港は午後十時。

残り六時間。


f:id:seven2326067:20170130001748j:image

撮って


f:id:seven2326067:20170130001805j:image

撮って


f:id:seven2326067:20170130001836j:image

撮りまくって
f:id:seven2326067:20170130001938j:image

いる内に


f:id:seven2326067:20170130002017j:image

 

さるびあ丸、キターーー!!!


f:id:seven2326067:20170130002039j:image

 

って事でプチ待機開始。

待機列の形成には自身があるぜ

(この後、とんでもない間違いに気付き、走るハメに会うのだが)

 

俺「さるびあ丸と橘丸の乗り場って違うんですか?」

係員のおにーさん「えっ?大島は向こうですよ?」

 

マジかよ…こっちにあるじゃん…
f:id:seven2326067:20170130002317j:image

 

大島に行く旅人よ、さるびあ丸に乗る列と橘丸の待機列は全く違う位置に形成される。覚えておきましょう。テストには出ません。

 

それを先に教えておいてほしかった…

普通に最前でしたが。
f:id:seven2326067:20170130002521j:image

 

で、午後九時四十分、乗船開始。
f:id:seven2326067:20170130002633j:image

 

ここから
f:id:seven2326067:20170130002735j:image

 

こうして
f:id:seven2326067:20170130002702j:image

 

こうなって
f:id:seven2326067:20170130002844j:image

 

これから
f:id:seven2326067:20170130002910j:image

 

こう(↓)なる。
f:id:seven2326067:20170130002955j:image

 

なるほど、和室と言うより、テープで仕切られた中に寝ろって事だな?

 

で、隣のおじさんに持ち前のチャラさを活かして「どこに行かれるんですか?旅行ですか?」なんて話しかけたら「いや?仕事だ。大島の土砂崩れの復興工事だな。」

 

土砂崩れ…3年くらい前の台風のアレかな?

 

なんて考えてたら
f:id:seven2326067:20170130003245j:image

 

隣のおじさん「食うか?」

こんな貧乏旅行のゴミ学生に差し入れてくれる人がいるなんて、涙吹き出ますね。

もちろんこの後、すぐに美味しく頂きました。

 

って事でモグモグしてる間に出港の準備が出来たみたい。

 

デッキに上がってみよう。
f:id:seven2326067:20170130003518j:image

 

ここは夏場とかなら楽しいかも…

でも寒い!!!
f:id:seven2326067:20170130003608j:image

 

って動き出してるじゃん!!
f:id:seven2326067:20170130003634j:image

 

さるびあ丸は橘丸より先に出るのね。

 

さらば東京(大島も東京都内です)。

 
レインボーブリッジの下を通るのかー
f:id:seven2326067:20170130003759j:image

すげえ!!デカい!!封鎖できません!!
f:id:seven2326067:20170130003853j:image

 

そのまま湾内をハマの方へ…

まだ大井ふ頭周辺かなー
f:id:seven2326067:20170130004251j:image

 

もう羽田横だなー
f:id:seven2326067:20170130003738j:image

 

眠いなー
f:id:seven2326067:20170130004421j:image

 

寝よう…

ほな、また…


f:id:seven2326067:20170130004503j:image

 

激走大島編に続く。

チタンが欲しい

ロードバイク 自転車 チタン チタンフレーム カスタム

現代、ロードバイクの主流はカーボンである。

クロモリだったりアルミだった事はあってもスカンジウムやらチタンが主流になった事はない。

たぶん、現在過去未来のどこであってもチタンが主流になる事はないだろう。

 

だが、俺はチタンが欲しい。

あの深い銀色に妖しく光るあのチタン色は塗装なんかじゃ絶対に再現できないのである。

だから俺はチタンが良い。

 

と言う事で、横浜だとか川崎だとかでチタンロードを取り扱える店を探してみたのだけれど、探せども探せども見つからなかったのである。

 

なぜか。

チタンは高いのであった。

 

カーボンの高級ロード並の金を自由に使える者でなければチタンには触れてはならぬ、そんな声さえ聞こえてきそうな程に高いのである。

 

例として挙げるなら

Panasonic

FRTC01 
フレーム+フォーク単体 

税抜¥400.000〜

 

TIG株式会社

OZ-R518

フレーム単体価格
税抜 269.000~

 

COLNAGO

TITANIO

フレーム単体

税抜520,000~

 

DEROSA

TITANIO 3.2,5

フレームセット

税抜¥659,000

 

お、おう…などと唸ってしまう程にはチタンロードは高嶺の花なのである。

だが、俺はチタンロードが欲しいのである。

あのヘアライン仕上げであっても美しい地肌、長年乗り続けると深まると言われるチタンの輝きに魅せられてしまったのである。

 

どこか、俺のチタン愛を受け止めてくれる店はないのだろうか…

 

カーボン…いや、心を鬼にして炭素強化プラスチックと呼ぶがあんなプラスチックに人が乗って走るなんてのは正気の沙汰ではないのである。

 

男ならカーボンなんて売っ払ってクロモリかニオブかチタンに乗ろう。