比奈の諸国漫遊記

ユーラシアで旅に出たい。そんな夢を実現するために練習したりコラム書いたりバッグを作ったり…

幽霊じゃないよ、Hurétだよ。

おはよう諸君。

 

今日は珍しいものをちょっとだけ紹介するね。

 

その名もHurét LUXE(ユーレー ルックス)である。

 

1970年代、ランドナー界隈やら自転車界隈で一世を風靡したフランスの自転車メーカーである。

 

 

ランドナーにつけるのが普通で、多くのオークションで高騰するこのパーツ、

 

実は新品三点セットもいまだにあったりする。

 

普段は全く日の目を見ないけどこうもしないと表に出てこないと思うのでちょっとだけチラリ。

f:id:seven2326067:20170423163822j:plain

リアディレイラー

f:id:seven2326067:20170423163826j:plain

シフター

 

f:id:seven2326067:20170423163829j:plain

シフター

 

f:id:seven2326067:20170423163842j:plain

ディレイラー全景

 

f:id:seven2326067:20170423163845j:plain

分解して玉押し調整ができるとか言う革新的なディレイラープーリー

 

f:id:seven2326067:20170423163850j:plain

同プーリー裏面

今のやつよりもユーザーフレンドリーなのが良い。

 

f:id:seven2326067:20170423163854j:plain

フロントディレイラー

クロムメッキが美しい・・・。

 

f:id:seven2326067:20170423163858j:plain

こんな感じのロゴ。

新品は綺麗な凹凸がロゴの面に見えるけど、

再メッキ品だとこういう凹凸が薄くなってるのである。

 

f:id:seven2326067:20170423163901j:plain

まさか40年前のものとは思えないほどの光沢

 

f:id:seven2326067:20170423163905j:plain

取説まであったり。

 

f:id:seven2326067:20170423163909j:plain

それ以外のグレード(アルビー、スベルト、700)も一緒に書いてあるのよな。

 

ってことで実はこれ売り物だったりもする。

宮川サイクルスポーツにて三点セット180,000円。

もちろん税抜きで。

 

今回の更新はこんなところかしらね。

 

新品と中古品の見分け方は山の恵みさんとかが書いてるので是非そちらで。

blogs.yahoo.co.jp

 

次回はGP4 ITA組の記事を書くぞー!!

 

ほな、また…。