[時航研]比奈の諸国漫遊記

ユーラシアで旅に出たい。そんな夢を実現するために練習したりコラム書いたりバッグを作ったり…

ホイールの組み方(仮組編)

今回はホイールの手組の話をしちゃうぞ。

まぁ、ロードバイクに乗ってる人でわざわざ手組をしてる人なんてそこまで多くはいないんだけど、旧105ハブとかEXAGEとかDURA-ACEのトラックハブだとかスーチャンのアルカンシェルとかがガンガン出てくる現状を打開するには組むしかないと思うんだ。

 

必要なもの

  • リム(MAVIC GP4 36H)
  • ハブ(SHIMANO EXAGE)
  • スポーク(36本)
  • ニップル(36個)
  • ニップルレンチ
  • 振れ取り台
  • 軍手
  • グリス
  • エス
  • 根気(とあきらめの悪さ)
  • 応援してくれる人(理解ある異性なら尚良し)

 

手順としてはこんな感じかな。

  1. リム・ハブ・スポークをきれいにする(リムにセメントが付いているなら完全に落とすこと)
  2. リムにスポークを通す(この際、ITA組は最初に1穴飛ばしで2本差して、反対側の穴の右側に通したのを基準で組み始める)

    f:id:seven2326067:20170510104838j:plain

    オレンジ色の部分に1本ずつ差したら緑色の穴に差し込む感じ。
  3. 全部通したら大体半分ぐらいで左右に分ける。(神代フラウの髪型みたいな感じで)
  4. バルブ穴の横の穴に編み始めのスポーク(のむらぼさん的には反ヌポーク)が来るようにしてそのスポークから6本数えた先のスポークを組み始める

    ヌポーク その1 - のむラボ日記

  5. で、これをこんな感じに編みながらリムに通していく。

    f:id:seven2326067:20170510110245j:plain

  6. 表裏全部を間違えずに通せばこんな感じ。これぞホイールって感じだよね。

    f:id:seven2326067:20170510111829j:plain

    f:id:seven2326067:20170510111816j:plain

  7. これでこの後振れ取りを行う。
  8. 全部のスポークに同じだけのテンションを掛けて縦ブレ・横ブレが出てなければいい感じ。

 

ってことで後輪はまた今度!(フリーのオフセットとかなんかはここら辺をやってみて慣れてこないと難しいと思うので)

 

センター出しが出来れば別にオフセット考えなくてもいいんだけど、7速から9速に変える、なんて無茶苦茶をしているウチのを説明するのは難しすぎるッス。

 

(自分で組んだ手組ホイール!)(瞬足)(コーナーで差を付けろ)

 

にしてもMAVICのGP4(金ラベル)なんて履かせてる時点で大佐なんだよなぁ…。

 

ほな、また・・・。